モーニングショー「昭和の銀幕に輝くヒロイン 第94弾 桑野みゆき」

2020年2月9日(日)〜4月18日(土)連日10:30より
ラピュタ阿佐ヶ谷

【上映作品】
『野を駈ける少女』『明日をつくる少女』『恋人』『青春残酷物語』『悪の華』『恋とのれん』『ローマに咲いた恋』『鏡の中の裸像』『日本脱出』『夜の片鱗』

【上映日程】
2.9[日]-15[土]
野を駈ける少女
1958年(S33)/松竹大船/白黒/72分
■監督:井上和男/原作:田宮虎彦/脚本:楠田芳子/撮影:森田俊保/美術:熊谷正雄/音楽:牧野由多可
■出演:山本豊三、望月優子、三上真一郎、瞳麗子
舞台は信州の富士見高原。素朴な田舎の少女と、避暑に訪れた大学受験生。彼らの間に芽生えたひと夏の淡く切ない恋──。桑野みゆきの初主演作で、相手役は山本豊三。松竹ではこの二人を純愛コンビとして売りだした。

2.16[日]-22[土]
明日をつくる少女
1958年(S33)/松竹大船/白黒/83分
■監督:井上和男/原作:早乙女勝元/脚本:馬場当、山田洋次/撮影:森田俊保/美術:浜田辰雄/音楽:脇則之
■出演:山本豊三、瞳麗子、渡辺文雄、伊藤雄之助
東京の片隅、荒川放水路に沿った北千住の工場街。不況にあえぐ労働者たちの喜び、哀しみが交錯するなか、若い男女は清らかな恋を育んでいく──。早乙女勝元『ハモニカ工場』を映画化したみずみずしい青春映画。

2.23[日]-29[土]
恋人
1960年(S35)/松竹大船/カラー/77分
■監督・脚本:中村登/脚本:宮崎守/撮影:篠村荘三郎/美術:熊谷正雄/音楽:いずみたく
■出演:山本豊三、岡田茉莉子、南原伸二、沢村貞子、桂小金治、大泉滉
信州の山奥から大学受験のために上京した青年が、先輩に伴われ、とある誕生パーティーへ。主役のお嬢さんに好意を抱く──。若者たちの明るい交友を桑野みゆき&山本豊三のコンビで描いた、大船調青春映画の愛らしい小品。

3.1[日]-7[土]
青春残酷物語
1960年(S35)/松竹大船/カラー/96分
■監督・脚本:大島渚/撮影:川又昻/美術:宇野耕司/音楽:真鍋理一郎
■出演:川津祐介、久我美子、渡辺文雄、小林トシ子、田中晋二、佐藤慶、山茶花究
生きる目的を失ったまま「美人局」という犯罪行為に走って破滅していくカップルの無残な青春──。松竹ヌーヴェルヴァーグの幕開け!桑野みゆきはそれまでのイメージをかなぐり捨て体当り演技を披露、清純な娘役からの脱皮をはかった。

3.8[日]-14[土]
悪の華
1961年(S36)/松竹大船/カラー/82分
■監督・脚本:井上和男/撮影:堂脇博/美術:芳野尹孝/音楽:池田正義
■出演:津川雅彦、三上真一郎、杉浦直樹、芳村真理、市川翠扇、三井弘次、高野真二、内田良平
新興財閥の一人娘を誘拐したギャング団と、その計画を横どりしようとする恐るべき殺し屋兄弟。身代金をめぐる争いに、悪の弟と人質令嬢との激しい恋が絡む──。井上和男監督のオリジナル脚本によるアクション・ドラマ。

3.15[日]-21[土]
恋とのれん
1961年(S36)/松竹大船/カラー/86分
■監督:番匠義彰/脚本:柳沢類寿、菅野昭彦/撮影:生方敏夫/美術:逆井清一郎/音楽:牧野由多可
■出演:淡島千景、山下洵一郎、佐野周二、小坂一也、伴淳三郎
のれんを誇る老舗旅館で恋が衝突。粋で純情な看板娘をめぐって、ハンサム板前、イカれた花婿候補らが珍騒動を繰り広げる──。桑野みゆきのおきゃんな魅力が画面いっぱいに溢れる、松竹お得意の明朗下町喜劇。

3.22[日]-28[土]
ローマに咲いた恋
1963年(S38)/松竹大船/カラー/97分
■監督:川頭義郎/脚本:木下恵介/撮影:荒野諒一/美術:岡田要/音楽:木下忠司
■出演:鰐淵晴子、早川保、瞳麗子、葵京子、加藤嘉、仲谷昇、永田靖、滝沢修
異郷の地にさすらう青年画家の美しき愛の苦悩──。木下恵介が脚本を執筆、愛弟子の川頭義郎が監督した恋愛ドラマ。イタリアのローマに長期ロケーションを敢行、桑野みゆき、鰐淵晴子の二女優が顔を揃えて初の本格共演。

3.29[日]-4.4[土]
鏡の中の裸像
1963年(S38)/松竹大船/カラー/95分
■監督:中村登/原作・脚本:松山善三/撮影:長岡博之/美術:熊谷正雄/音楽:木下忠司
■出演:倍賞千恵子、川津祐介、三上真一郎、池部良、山本圭、神山繁
同じ美容学校出身の仲良し二人が歩むそれぞれの道。自分の店をもつのが夢と、ドライにのしあがっていく桑野みゆき。研究生として学校に残った純朴な娘・倍賞千恵子。憧れ、純愛、欲望、打算……様々な女の性が浮き彫りになる。

4.5[日]-11[土]
日本脱出
1964年(S39)/松竹大船/カラー/95分
■監督・脚本:吉田喜重/撮影:成島東一郎/美術:芳野尹孝/音楽:武満徹、八木正生
■出演:鈴木やすし、待田京介、内田良平、坂本スミ子、市原悦子、水科慶子
下働きのバンドボーイが金庫破りの一味に加わり、警察に追われる立場に。東京オリンピック開催の熱狂のなか「憧れのアメリカ」への逃避行が始まる──。主人公と行動をともにするトルコ娘に桑野みゆき、熱演。

4.12[日]-18[土]
夜の片鱗
1964年(S39)/松竹大船/カラー/106分
■監督:中村登/原作:太田経子/脚本:権藤利英/撮影:成島東一郎/美術:佐藤公信/音楽:日暮雅信
■出演:平幹二朗、園井啓介、菅原文太、木村功、岩本多代
可憐な女工がヤクザとの腐れ縁を断ちきれず、ついにはヒモと街娼という関係に。愛の破局を迎えるまで──。小説中央公論に所載された太田経子の意欲作を映画化。堕ちていく女の哀しみを全身で表現する桑野みゆき。

【料金】
一般…1,200円 シニア・学生…1,000円 会員…800円 
※水曜サービスデー…1,000円均一