アート・アニメーションのちいさな学校-Laputa Art Animation School-JapaneseEnglish

昼コース

アニメーション表現を基礎から学ぶ
手づくりのアニメーションを、自身の作品をつくる
全日制(2年制+研究生)●人形アニメーションコース●平面アニメーションコース
資料請求はこちら
2014年度 4月末入学 昼コース 第6期生募集
昼の部では、アニメーションの基礎・応用、様々な方法論を2年間で集中して身につけます。2年次修了後、希望する生徒は研究生として1年間、実際のプロの現場に参加し仕事のノウハウを訓練でき、また自分の作品制作に取り組みます。

国内唯一 人形アニメーションを専門的かつ実践的に
学ぶことができます。

平面ドローイング、基礎から応用、とにかく作品をつくる。
クレイ、切り紙、半立体、etc 応じて様々なアニメーションも学びます。
1年次:
専攻を選んで入学しますが、一年次は平面・人形両実習とも合同授業になります。
両手法の作品制作の方法論、アニメーション制作の基礎を学びます。 課題/小品制作。

2年次:
専攻するコースで作品制作。アニメーションの応用編。
各々つくりたい作品に取り組みます。教養・講義系は合同授業です。

研究生(1年):
実際のプロの現場に参加し仕事のノウハウを訓練します。
また先生からの指導を引き続き受けながら自分の作品制作に取り組みます。
カリキュラム
カリキュラム項目

1年次カリキュラム

  • 昼コース生徒作品はこちら 昼コースムービー
  • 昼コース生徒作品はこちら

    立体アニメーション
    立体アニメーション 担当講師:真賀里文子
    アニメートの基礎演習。チームでの習作演習。表現する為にはアニメーションの場合、体内ストップウォッチが必須である。それを体感し、各々が気になっていて動かしたいものを持ってきて実際にアニメーション作業に入る。後期からは班を分けての撮影。テーマを決め、なるべくシンプルに、どう動かせばそのキャラクターが生きるか考えながら制作する。セットデザイン、照明等の講義と合わせて1本のアニメーションを完成さ せる。

    ↑上へもどる


    人形製作
    人形製作 担当講師:山本真由美
    人形の素材、構造、デザイン、形態を知る、考える。
    立体アニメーションの作品制作と連動し、アニメート用の
    人形を製作。人形づくりをゼロから学びます。

    ↑上へもどる


    人形製作
    アニメーション基礎 担当講師:石之博和
    まずはアニメーションの作る楽しみ、見る楽しみを知る為に様々な手法の作品を鑑賞する。ブレと線の面白さ。メタモルフォーゼで簡単にアニメーションが作れることを体験してもらい、あわせてタイムシートでタイミングを考えさせ、表記する作業を覚えてもらう。あわせてカメラ操作も開始。動きの基本を慣性の法則、重力、運動曲線、などから教える。各自にキャラクターを作らせ、そのキャラで歩き走り、重さの表現などをやらせる。いろいろな傾向の作品とパース表現をみせ、レイアウトの実習を通じてパースと画面構成を学ばせる。

    ↑上へもどる



    久里洋二
    久里実習 担当講師:久里洋二
    いろいろな秘蔵の一般には観れない作品の鑑賞。自分のキャラクターを見つけだす。アートアニメーションは個性であり、自分の発言権を持つようにさせていきたい。「教える」というより「話す」ということを大切にしていく指導。指定の1分の音楽にアニメーションをあわせる等の実習。

    ↑上へもどる


    原口正宏
    アニメーション史 担当講師:原口正宏
    アニメーションの誕生、から現在までの世界のアニメーション史。世界の動きと同時に、同時期の日本のアニメーションについても触れていく。
    <世界アニメーション史>
    ディズニー、フライシャー、人形アニメーション(スタレヴィチ、ボワーズ等)エイヴリー派、UPA様式など <日本アニメーション史>
    大正から戦前までの作家、東映動画、人形アニメーション(持永只仁、川本喜八郎、岡本忠成など)、アニメーション3人の会、虫プロなど

    ↑上へもどる


    クロッキー・デッサン
    クロッキー・デッサン
    モノの動きを捉える、また形を捉える基礎訓練。
    特に平面アニメーション制作ではクロッキーが重要となる。
    作品のためのイメージボード制作も。

    ↑上へもどる


    メディア論
    メディア論
    石上三登志先生のメディア史/日本映画講座を引き継いだ授業。
    自分たちの生きている今現在について、文学、映画などを用いて
    考察する。国内外の名作映画を鑑賞し、映画の本質、演出の技を分析。

    ↑上へもどる


    特別授業

    Copyright 2009 Laputa Art Animation School.All Right Reserved.