アートアニメーションのちいさな学校

授業紹介

働きながら、他校と並行しながらでもアニメ作家の道を目指す!

アニメーション制作をゼロから学びたい方、独学でアニメーションを制作してきたが 基礎から学びなおしたい方、社会人、学生等と両立しながら通える1年制のコースです。

アート・アニメーションのちいさな学校では、一年制の夜間コースや実習講座では、受講期間を通して作品制作に取り組みます。
キャラクター、アニメート、美術、演出、撮影、仕上げといった作品制作に必要なプロセスを、
アニメーション制作の全体を学ぶことができます。

①個別の目標をフォロー
人形アニメーションコースでは、チームを組んで制作します。
シナリオ、人形制作、美術制作、アニメート、撮影照明、編集と 幅広い作業のため、それぞれの得手不得手を補いながら進みます。
初年は全体を把握理解しながら、各専門領域の技を磨きます。
平面コースも同様に、シナリオ、作画から演出・絵コンテ、仕上げ〜編集などの アニメーション制作に必要な全てを学びます。また作品制作と並行して、生徒一人 ひとりにアンケート・ヒアリングを行い、個々の動機・目的に合わせた指導を組み立てます。
②制作工程に沿って指導
一年間の授業スケジュールと作品制作の状況に合わせて特別講義も行います。
特に平面コースの作品制作の場面では、キャラクターの動作から自然現象など 必要とされる動き/作画も各自で異なるため、個別に直接指導します。
③制作進行のサポート
作品を完成させるための制作進行の役割をサポートします。
作業の全量を計算し個々の可能な制作時間に落とし込みます。
ステップアップしながら個別の目標達成、また作品完成を目指します。
作品は、年度末にミニシアター ユジク阿佐ヶ谷 で発表・上映会をします。

基本的なカリキュラム(項目一覧)はこちら

人形アニメーションコース

コース概要

3人前後のチームを組み、1つの作品をつくる過程で学ぶ。

人形アニメーションをつくるには多岐に渡る制作工程があります。
シナリオ、キャラクター・美術デザイン、人形制作、美術(セット〜小物)制作、アニメート(動かし)、照明・カメラ、編集・音付け。
チームで助け合いながら、これら作品をつくるために必要な工程を全て学びます。
はじめは誰もが初心者です。つくりたい気持ちでいっぱいの方、独学でやってきたが、一から専門的に学びたい方、人形アニメーションを専門的に学ぶコースです。

  • 人形アニメーションコース 画像1
  • 人形アニメーションコース 画像2
  • 人形アニメーションコース 画像3
  • 人形アニメーションコース 画像4
  • ●講師:真賀里文子、山本真由美 ほか
  • ●受講期間:2020年6月2日〜2021年4月2日(全79回)
  • ●授業日時:毎週火・金曜(通年)19:00〜21:00
  • ●受講料:320,000円
         継続受講及び過去受講者 224,000円

24時間いつでも使える専用スタジオ

人形制作やセット作りのための専門的な工具や材料、セットを据え置く撮影場所、撮影・照明機材や資材、撮影・編集のためのPCソフト、人形アニメーションを専門的に制作するための環境であるスタジオは、授業時以外にも利用できます。24時間年中制作が可能なので時間を気にせずに思う存分つくり込むことができます。
むしろ授業時のみだと制作時間が限られてしまいます。せっかくの環境を使い倒しましょう。

授業内容

コンセプトワーク

4~5月
3人前後のチームをつくる。制作する作品を決める。キャラクターデザイン、美術セットのイメージ作成。
※オリジナル脚本作品はなるべく避けます。というのは脚本(話の構成・登場人物設定)や全体的なデザインを決めるのに大幅に時間がかかってしまい、肝心の人形制作やアニメーション撮影にかける時間が削られてしまうためです。初めて受講される方(チーム)は、短編小説や寓話、民話などの名作や古典を原作にして制作します。

人形の製作

5〜8月
5月の後半から人形制作。作品に登場するキャラクターの人形をゼロから作ります。
道具や専門的な工具、特殊な材料の使い方を学び、アニメート・コマ撮りのための構造を持った人形を制作します。ミシンなどで衣装も作成します。
あわせて簡易人形を使ってアニメートの練習。(全体の進捗により時期は前後します)
※8月は夏季休暇のため授業はありませんが、スタジオを利用して各自で人形の完成を目指します。

コマの練習

9月
撮影カメラや照明機材の使い方、撮影のためのソフト(ドラゴンフレーム)の使い方の講義。
美術セットや小道具などを制作します。

チームで撮影

10~翌3月
セットや小道具が出来次第アニメーションの撮影へ。アニメーションの指導、照明やカメラワーク、撮影に必要なことを実践的に学びます。
2~3月に編集ソフト(Premiere)を使って編集・音付けなどの仕上げをして作品完成。
年度末(3月末)の修了作品発表会にて上映します。
〜真賀里先生からメッセージ〜
例年作品(シナリオ〜原作)を決めるのが遅く、人形のデザインが決められなく実作業が遅れ、撮影開始が遅れ、アニメーションにかける時間が一番短いという本末転倒な状況になりがちです。
現在の自分の技量を見極めるのはとても大切なことです。
1年目で自作の傑作を狙うのも悪くありませんが、力不足の名作は辛いものです。
将来、自分の作品をつくるために、今覚えておくものは何か?学んでおくものは何か?
チームでつくる事のメリットは非常に大きいのです。何もかも一人でできる人は稀有です。
初めてつくる場合、既成の作品を使うと、すでに物語の組み立てがきちんと出来ているので学ぶところが多いのです。古典もの、名作ものは非常に勉強になります。
「技」という言葉があります。何かを成し遂げるには必要なものです。
アニメーションの制作に関してもとても大切なものです。自分のイメージした作品が作れると思って学校へ入るのは間違いではありません。しかし、そのイメージを具体的なものにして、映像にするにはそれぞれの工程があり、それぞれの技が必要になってきます。
まずそこを習得することが先決です。それにはアニメートに存分に時間をかける事です。
来れば作品ができるは間違いです。あなたがやるのです。学校はその場と、手助けする先生がいるところです。
求めて来てください。
真賀里文子

平面アニメーションコース

コース概要

カミ・アニメーター大橋学によるドローイングアニメコース!
作画の技術・基礎を学びながら、自分の作品をつくりあげる!

  • 平面アニメーションコース 画像1
  • 平面アニメーションコース 画像2
  • 平面アニメーションコース 画像3
  • 平面アニメーションコース 画像4
  • ●講師:大橋 学 ほか
  • ●受講期間:2020年6月4日〜2021年3月25日(全55回)
  • ●毎週月・木曜(11月以降は木曜のみ)19:00〜21:00
  • ●受講料:240,000円
         継続受講及び過去受講者 168,000円

アニメーションの基礎知識からパソコンソフトの指導まで、基本を学びながらつくりたい作品を制作。 シナリオ、イメージボード、設定、キャラクターデザイン、特に絵コンテに重点を置きます。前期月曜日にはキャラクター、美術(背景)を学ぶ。 ゼロから始めてみたい初心者の方、基礎から学び直したい方へ!個人またはチームで1〜3分の作品をつくります。

授業内容

アニメーション作画基礎

アニメーション作画基礎
先生が作成したオリジナルの課題を使いアニメート(動き)の練習。共通課題と生徒の個性に合わせた特別課題で、キャラクターを生み出すための基礎を学びます。
アニメーション制作についての講義や、参考上映として様々なアニメーション鑑賞も。

クロッキー

クロッキー
短時間でモデルを素早く描写することで、動きを捉える・形を捉える基礎を学びます。

アニメーション実習

アニメーション実習
制作する作品のあらすじ、イメージボード、絵コンテ、ビデオコンテを作り、講評や個別指導。
各自の作品に必要なアニメートのトレーニングをし、指導を受けながら作画を行っていきます。

撮影から編集まで

撮影から編集まで
撮影、編集などのPCソフトの操作も制作をしながら学びます。
(Photoshop、AfterEffects、Premiere)
作品が完成したら、年度末(3月末)の修了作品発表会にて上映します。

彦すけあカットアウトアニメーションコース

コース概要

ドローイング、パペットに次ぐ三大手法のひとつカットアウト(切り絵)と、
作品をつくり続けるための方法論を学ぶ。

  • 彦すけあカットアウトアニメーションコース 画像1
  • 彦すけあカットアウトアニメーションコース 画像2
  • 彦すけあカットアウトアニメーションコース 画像3
  • ●講師:彦すけあ
  • ●受講期間:2020年7月14日〜2021年4月13日 全20回
     詳細スケジュールはこちら
  • ●隔週火曜 18時〜21時
  • ●受講料:88,000円 (全20回)
  • ●オンライン受講可(詳細はこちら
  • ●受講資格
     本講座の性質上、作品制作の経験者(1本以上)が望ましいです。
     ※通学しての授業では、photoshop、AfterEffectsの操作のフォローいたします。
      オンライン受講の場合は、初めてではなく使用経験のある方。

講師プロフィール:彦すけあ
大学在学中からイラストやデザインストップモーションアニメの仕事を中心に作品を作り、 90年代後半からはカットアウトの技法のアニメーション制作に専業。
NHKをメインに Eテレ「てれび絵本」「シャキーン」等の放送用の作品からDVDその他 メディアのアニメーションを制作し、その総数はおよそ200本。
近年では「水木しげる妖怪えほん」やちいさな学校制作の映画 「ニッポニアニッポン~フクシマ狂詩曲」OPとラストシーン、百鬼夜行パートを制作。

授業内容

ゼロからの制作過程を見て学ぶ。

ゼロからの制作過程を見て学ぶ。
アニメーションを作り続けるための技術、効率の良い時間の使い方や演出、 作画の工夫などを、彦すけあ氏がゼロから新作を作る過程を見ながら学んでいきます。
各自も並走する形で作品づくりに取り組みます。

アナログ&デジタル

アナログ&デジタル
アナログとデジタルの混在する技法を用いて制作します。
カットアウトの素材となるキャラクターの細かく分かれたパーツや背景等は、 アナログで描かれたドローイング、また小さなオブジェなど様々です。
それらをコンピュター上で組み合わせてアニメートさせます。
Photoshop, AfterEffects 使用

プロの時間の使い方

プロの時間の使い方
また彦すけあ氏がレギュラーで制作をしているNHKの番組を 制作過程の紹介や演出・作画の切り口をヒントに、長期に渡って一人で アニメーションを続けていくために必要なセルフコントロール術を学びます。
  • 彦すけあカットアウトアニメーションコース 画像7
  • 彦すけあカットアウトアニメーションコース 画像8
  • 彦すけあカットアウトアニメーションコース 画像9

〒166-0001
東京都杉並区阿佐ヶ谷北
2-12-19 1F

お問い合わせはこちら

  • 公式BLOG
  • USTREAM
  • ユーリ・ノルシュテインの仕事
  • 学校スタッフ募集中
  • 学校作品紹介
  • ユジク阿佐ヶ谷公式サイト
お申込み・お問い合わせはこちら