アート・アニメーションのちいさな学校-Laputa Art Animation School-JapaneseEnglish

久里洋二的アニメーションのつくり方〜21世紀アヴァンギャルド・アニメ制作講座〜

立体アニメーション界のトップをゆく3人と本気のショートアニメーションをつくる!
一週間に一本の新作アニメーションを18年間続けて発表した前代未聞の作家。
久里洋二の簡潔で明快なアニメーション制作の方法論を学ぶ!
10月から始まる、隔週土曜日全9回の一般向け講座です。
伝説のアート・アニメーションの元祖 久里洋二 が直接教える
「1コマちがうとつまらなくなる」の言葉どおり、コマ数、タイミングを個人指導。久里さん書下ろしの原画を使用しての撮影/編集〜短編作品を1日で制作!生涯お付き合いできるキャラクターづくり、クリ流作画術〜色彩論。自主制作作品の指導と講評。
授業の様子はこちら
久里授業風景

講師陣プロフィール

  • 久里洋二(アニメーション作家)

    1928年福井県鯖江市出身の洋画家、漫画家、アニメーション作家。日本のインディペンデントアニメーションの歴史をスタートさせた 「アニメーション三人の会」の一人。1960年より草月ホールで定期的に上映会を行う。制作したアニメーションは世界各国の映画祭で章を受賞。『殺人狂時代』(66年)はオーバーハウゼン映画祭にて最優秀賞受賞。92年紫綬褒賞。日本アニメーション協会名誉会員。

  • 久里先生
【ワークショップ名】
  久里洋二的アニメーションのつくり方〜21世紀アヴァンギャルド・アニメ制作講座〜
【講師】
  久里洋二
【受講資格】
  年齢・経験問わず
【受講期間】
  後期)2009年10月〜3月<全9回>
  隔週土曜 午後1時〜5時
【受講料】
  \80,000(材料費込み)
【定員】
  16名(先着順)
【締切】
  10/10(土)
【申込】
  申込フォームよりお申込下さい。

お申込フォームはこちら

・絵映舎(山本二三、稲葉邦彦、日野香諸里)「背景美術」〜想像の世界を描く〜
・保田道世「色彩設計」〜一滴の絵の具から〜
・才田俊次「発想の作画術」〜アニメーターのアイディア発想力が作品をおもしろくする〜
・木村威夫「立体アニメーション美術制作」〜映画美術界の大御所直伝!〜
・「アニメ−ション監督術」〜我々はいかにして作品を作ってきたか〜
・小林準治「作画演習」
・原口正宏「世界-日本アニメーション史」〜現代アニメーション創世記〜
・石上三登志 映画講座「日本映画はおもしろいのだ!」
・山田和夫「エイゼンシュテインの冒険〜映画モンタージュの発展〜」
Copyright 2009 Laputa Art Animation School.All Right Reserved.