新設 シナリオの教室 毎週木曜 19〜21:00

おもしろいオリジナル映画のシナリオを一年間で一本書く。
現在の日本映画はTV局がメイン幹事の制作委員会方式で、
原作、ベストセラー小説とまんがの映画化が全てといっていい位にオリジナルはほとんどない。
だから今こそオリジナルでおもしろい映画の脚本が求められている。
そういう人たちのための教室だ。おもしろい作品は映画化します。

■フィルム35mm日本映画100本見る。
ラピュタで平均週2本フィルム上映を見てシノプシスを書く(映画の構造を知る)。
習うより慣れろ。過去の作品を見てシノプシスを書くことで作品の「気持ち」と「構造」が見えてくる。
■一本の映画シナリオを完成させる。
一年かけて「映画シナリオ」を一本書きあげる。
設定(シチュエーション)/ ストーリー(シノプシス)/ シーン(場面)/ セリフ(科白)を改稿を重ねて。
■いい脚本は映画化する。
本当にいい脚本が出来たなら映画化する。(ただし低予算だが)
また各シナリオ賞への応募のサポートも。

メディア論 「日本映画講座」「ヒッチコックの作劇術」(毎週木曜 PM1〜3:30 )へ希望者参加無料。

5月8日〜翌3月19日 全40回
毎週木曜 19〜21:00 定員20名先着
受講料200,000円 → 初年度につき4月中の申込みの場合に限り30%割引
申込フォームはこちら

close