脚本家・桂千穂 血と薔薇は暗闇の映画

2021年5月2日(日)〜29日(土)
ラピュタ阿佐ヶ谷

─人間を描くだけが映画じゃありません─ 生前の桂千穂はそんな言葉をよく口にした。
作り手は“人間を描く”ことなどで作家的良心を満足させていてはいけない。もっとストーリーの面白さを追求し、目の覚めるようなプロットを生み出すために創意工夫を重ねるべきなのだ。それこそが桂千穂の映画作りの信念であり、また自らへの戒めでもあった。
ここに集められた映画は、そんな桂にしか書きえなかったシナリオに支えられたものばかりである。その過激で極端な世界に度肝を抜かれ、エンターテイメントの極意に酔いしれてほしい。そして、映画の“面白さ”に殉じたシナリオライターを何度でも発見してほしい。

【トークイベント】
5.2(日)17:00『大江戸性盗伝 ─女斬り─』上映後 ゲスト:山田耕大さん(脚本家、元ロマンポルノプロデューサー)
5.8(土)16:30『蔵の中』上映後 ゲスト:佐伯俊道さん(脚本家、日本シナリオ作家協会理事長)
5.9(日)18:50『暴行切り裂きジャック』上映後 ゲスト:ハセベバクシンオーさん(脚本家、小説家、長谷部安春監督ご長男)
5.15(土)18:50『㊙ハネムーン 暴行列車』上映後 ゲスト:柏原寛司さん(脚本家、監督)
5.16(日)18:50『愛欲の標的』上映後 ゲスト:伴一彦さん(脚本家)
5.22(土)16:50『俗物図鑑』上映後 ゲスト:内藤誠さん(脚本家、監督)
5.23(日)17:30『ふたり』上映後 ゲスト:大林千茱萸さん(映画家、大林宣彦監督ご長女)
5.29(土)18:50『縄と乳房』上映後 ゲスト:港岳彦さん(脚本家)、難波望さん(脚本家)

【上映作品】
『白鳥の歌なんか聞えない』『薔薇の標的』『大江戸性盗伝 ─女斬り─』『蔵の中』『色情妻 肉の誘惑』『ズームアップ 暴行現場』『暴行切り裂きジャック』『幻魔大戦』『㊙ハネムーン 暴行列車』『ズームイン 暴行団地』『愛欲の標的』『薔薇と鞭』『俗物図鑑』『暴る!』『ふたり』『縄と乳房』『宇能鴻一郎の人妻いじめ』

【上映日程】
5.2(日)〜4(火)
13:00/19:10 白鳥の歌なんか聞えない(1972年/渡辺邦彦)
15:00 薔薇の標的(1972年/西村潔)
17:00 大江戸性盗伝 ─女斬り─(1973年/藤井克彦)

5.5(水)〜8(土)
12:50 薔薇の標的
14:50 大江戸性盗伝 ─女斬り─
16:30 蔵の中(1981年/高林陽一)
19:20 色情妻 肉の誘惑(1976年/西村昭五郎)※NEW

5.9(日)〜11(火)
13:00 ズームアップ 暴行現場(1979年/小原宏裕)○国立映画アーカイブ所蔵作品
14:50 蔵の中
17:00 色情妻 肉の誘惑
18:50 暴行切り裂きジャック(1976年/長谷部安春)

5.12(水)〜15(土)
12:50 色情妻 肉の誘惑
14:30 暴行切り裂きジャック
16:10 幻魔大戦(1983年/りんたろう)
18:50 ㊙ハネムーン 暴行列車(1977年/長谷部安春)

5.16(日)〜18(火)
13:00 ズームイン 暴行団地(1980年/黒沢直輔)○国立映画アーカイブ所蔵作品
14:30 幻魔大戦
17:10 ㊙ハネムーン 暴行列車
18:50 愛欲の標的(1979年/田中登)

5.19(水)〜22(土)
13:00 愛欲の標的
15:00 薔薇と鞭(1975年/遠藤三郎)
16:50 俗物図鑑(1982年/内藤誠)※16mm
19:20 暴る!(1978年/長谷部安春)

5.23(日)〜25(火)
12:30 薔薇と鞭
14:10 俗物図鑑
16:00 暴る!
17:30 ふたり(1991年/大林宣彦)

5.26(水)〜29(土)
12:50/18:50 縄と乳房(1983年/小沼勝)
14:20 ふたり
17:20 宇能鴻一郎の人妻いじめ(1982年/白鳥信一)

【料金】
一般…1,300円 シニア・学生…1,100円 会員…900円 
※水曜サービスデー…1,100円均一