10月4日(日) 〜5日(月)、7日(水) 〜10日(土)

高校さすらい派

1970年(S45)/松竹/カラー/86分

『高校さすらい派』写真

©1970 松竹株式会社

■監督・脚本:森崎東/原作:滝沢解/脚本:熊谷勲/撮影:吉川憲一/美術:佐藤公信/音楽:小山恭弘
■出演:森田健作、武原英子、佐藤友美、吉沢京子、山本紀彦、神田隆、佐野浅夫、山本麟一、内田朝雄、笠智衆

自由な高校生活を主張する少年二人と理事長の娘が、学校側の理不尽なやり方に抵抗して講堂に籠城、大人たちに反旗を翻す──。週刊少年サンデーに連載された人気劇画をもとに、森崎東監督が自己の青春をダブらせ描いた異色作。

10月4日(日) 〜5日(月)、7日(水) 〜10日(土)

俺たちの荒野

1969年(S44)/東宝/カラー/91分

『俺たちの荒野』写真

©東宝

■監督:出目昌伸/原案:中井正/脚本:重森孝子/撮影:中井朝一/美術:竹中和雄/音楽:真鍋理一郎
■出演:黒沢年男、酒井和歌子、東山敬司、原知佐子、赤座美代子、ウォーレン・サクソン、望月敦子、清水元

米軍基地のある街。集団就職で上京した二人の青年が、多感な少女と知りあい やがて三角関係に。友情と恋愛、夢と挫折──。出目昌伸監督が、従来の「清く正しく美しく」の東宝青春映画のカラーをうち破った意欲作。

10月7日(水) 〜13日(火)

同棲時代 ─今日子と次郎─

1973年(S48)/松竹/カラー/87分

『同棲時代 ─今日子と次郎─』写真

©1973 松竹株式会社

■監督:山根成之/原作:上村一夫/脚本:石森史郎/撮影:川又 /美術:森田郷平/音楽:青山八郎
■出演:由美かおる、仲雅美、大信田礼子、ひし美ゆり子、入川保則、進千賀子、岩崎和子、安田伸、穂積隆信

デザインスクールの同級生男女が街角で偶然再会、その夜のうちに結ばれ一緒に暮らしはじめる──。原作は漫画アクションに連載され一大ブームを巻きおこした上村一夫の『同棲時代』。由美かおるの美しいヌードも評判に。

10月7日(水) 〜13日(火)

ザ・タイガース 世界はボクらを待っている

1968年(S43)/東宝、渡辺プロダクション/カラー/88分

『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』写真

©東宝

■監督:和田嘉訓/脚本:田波靖男/撮影:長谷川清/美術:育野重一/音楽:森岡賢一郎、すぎやまこういち
■出演:ザ・タイガース、久美かおり、小橋玲子、松本めぐみ、なべおさみ、三遊亭円楽、天本英世、小松政夫

アンドロメダ星のお姫さまが宇宙ドライブの途中で日劇に不時着、ジュリーに恋して大騒ぎに──! 人気絶頂、ザ・タイガース主演でつくられたSF音楽ファンタジー。武道館が『シーサイド・バウンド』で揺れまくるラストは圧巻! 「皆さんもご一緒に。」

10月11日(日) 〜17日(土)

ときめき

1973年(S48)/松竹/カラー/88分

『ときめき』写真

©1973 松竹株式会社

■監督:市村泰一/脚本:石森史郎/撮影:小杉正雄/美術:梅田千代夫/音楽:小川寛興
■出演:栗田ひろみ、秋谷陽子、浅田美代子、海野まさみ、小倉一郎、沖雅也、村野武範、森次晃嗣、桜田淳子、フレンズ

中学時代、水泳部で活躍したなかよし四人組──栗田ひろみ、秋谷陽子、浅田美代子、海野まさみの、その後の高校生活を追う。監督は青春映画の佳作を連発した市村泰一。複雑に揺れうごく思春期の少女たちをさわやかに描く。

10月11日(日) 〜17日(土)

学園祭の夜 甘い経験

1970年(S45)/東宝/カラー/81分

『学園祭の夜 甘い経験』写真

©東宝

■監督:堀川弘通/脚本:奥山長春/撮影:村井博/美術:薩谷和夫/音楽:山本直純
■出演:鳥居恵子、立花直樹、内田喜郎、沖田駿一、小山ルミ、赤塚真人、宮川洋一、竹邑類、小早川泰子、藤洋子、飯田恵美子

優等生・鳥居恵子は、不良グループの一人と急接近。戸惑いながらもその不思議な魅力、一味違った生活ぶりに惹かれ、ついに学園祭の夜──。ベテランの域に入っていた堀川弘通監督が学園青春ものに挑んだという珍しい作品。

10月14日(水) 〜20日(火)

白鳥の歌なんか聞えない

1972年(S47)/東宝/カラー/91分

『白鳥の歌なんか聞えない』写真

©東宝

■監督:渡辺邦彦/原作:庄司薫/脚本:桂千穂/撮影:中井朝一/美術:薩谷和夫/音楽:真鍋理一郎
■出演:岡田裕介、本田みちこ、加賀まりこ、細川俊之、南美江、文野朋子、菅原一高、広瀬昌助、朝比奈逸人

『赤頭巾ちゃん気をつけて』(70年)に次いで映画化された庄司薫原作の青春映画。ある老人の死を間近でみつめることで若い男女の意識がかわっていく──。薫クンのイメージにぴったり岡田裕介と新人・本田みちこのコンビも◎。

10月14日(水) 〜20日(火)

涙のあとから微笑みが

1974年(S49)/松竹/カラー/87分

『涙のあとから微笑みが』写真

©1974 松竹株式会社

■監督:市村泰一/脚本:田波靖男/撮影:小杉正雄/美術:梅田千代夫/音楽:小川寛興
■出演:森田健作、吉沢京子、桜田淳子、高沢順子、岡本茉利、小倉一郎、石立和男、安西マリア、森次晃嗣、岡田英次

造船所の溶接工として働き、高校生の妹を養う生真面目な青年が主人公。押し寄せる不況の荒波、痛ましい事件の数々、悲しみと苦しみの日々を乗りこえる若き群像──。森田健作、吉沢京子のフレッシュコンビでおくる感動篇。

10月18日(日) 〜24日(土)

潮騒

1975年(S50)/東宝、ホリ企画制作/カラー/92分

『潮騒』写真

©東宝

■監督:西河克己/原作:三島由紀夫/脚本:須崎勝彌/撮影:萩原憲治/美術:佐谷晃能/音楽:穂口雄右
■出演:山口百恵、三浦友和、津島恵子、初井言栄、花澤徳衛、田中春男、丹下キヨ子、中村竹弥、有島一郎

舞台は伊勢湾の小島。りりしい漁師の若者と美しい少女とが知りそめ、恋をする──。三島由紀夫の同名小説四度目の映画化で、今回の主役は山口百恵と三浦友和のゴールデンコンビ。二人の初々しいラブシーンが話題に。

/ / /