斧頭会 第4回公演『アポトーシス』

【脚本】大野耕治(新世紀モボモガモード)
【演出】村上和彦(斧頭会)
【出演】
 高橋亮次
 松田航輝

 山田清崇(NeoMask)
 加藤大輔
 堀江恭介
 上杉英彰(JAPLIN)
 森駿

 黒川進一(JAPLIN)
 三山将

 達木義尊(斧頭会) 
 村上和彦(斧頭会)

【美術・舞台監督】廣瀬正仁(S-CASE)
【照明】阪元千晃(ALOP)
【音響】山田陽大(劇団だるま座)
【宣伝写真】福田依奈沙
【衣装・制作】有島由生
【企画・製作】斧頭会

【日時(タイムテーブル)】
 2019年3月
 20日(水)        19:30
 21日(木・祝) 14:00/18:00
 22日(金)   14:00/19:30
 23日(土)   14:00/18:00
 24日(日)   13:00/17:00
 ※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前となります
 ※御連絡なしに開演5分前までに御来場頂けない場合、
  当日券のお客様にお席をお譲りする可能性がございます

【チケット】
 前売・当日¥3,200/学生 ¥2,500
 リピーター 各¥1,000割引
 (日時指定・全席自由)

【チケット取り扱い】
 カルテット・オンライン
 https://www.quartet-online.net/ticket/futoukai-apoptosis

【お問合せ】
 斧頭会
 futoukai@gmail.com
 080-7850-6521

【公式サイト】
 Twitter:@futoukaiengeki
 
コメント:
 計画的に実行された銀行強盗。それは2〜3の手違いで失敗に終わった。
 撃たれた仲間を抱え、アジトに戻った強盗達。
 「誰の失敗が原因なのか?」「この中に警察の犬がいるのでは?」
 強盗達は疑心暗鬼しながら対立していく…。

 映画を題材にオリジナル舞台公演を制作する演劇集団《斧頭会》。
 第1回公演は『バックドラフト』をベースにした消防団員の葛藤、
 第2回公演は『フェイク』をベースにした潜入捜査官と義賊の攻防戦、
 第3回公演は『シックスセンス』をベースにした幽霊と生者の友情、
 そして今回は『レザボアドッグス』をベースに、男達の対立する様を
 ときにライトに、ときに重圧に、息を持つかせぬ展開で魅せる作品を目指す、
 クライム・コメディー作品。

Last Update : 2019/02/04