8月19日(日) 〜21日(火)

ヒロシマ1966

1966年(S41)/広島県原爆被爆者映画製作の会、新制作集団/白黒/78分 ○国立映画アーカイブ所蔵作品

『ヒロシマ1966』写真

■監督・脚本:白井更生/撮影:金井勝/音楽:山内正
■出演:望月優子、加藤剛、松本典子、寺田路恵、鈴木宏子、永井智雄、谷信子、岩崎徹、矢野政子、長谷川美代子、池本達美、鈴木達也

アラン・レネの『二十四時間の情事』(59年)でチーフ助監督を務めた白井更生が大映を飛びだして製作した意欲作。平和公園で土産物を売る被爆者母子のままならぬ生活と、安保闘争に挫折した医師のカップルの物語が並行して描かれる。

8月19日(日) 〜25日(土)

若者たち

1967年(S42)/俳優座、新星映画社/白黒/96分

『若者たち』写真

©仕事

■監督:森川時久/脚本:山内久/撮影:宮島義勇/美術:平川透徹/音楽:佐藤勝
■出演:田中邦衛、橋本功、山本圭、佐藤オリエ、松山省二、永田靖、大塚道子、小川真由美、井川比佐志、石立鉄男、栗原小巻

早くに両親を失った五人兄弟が互いに助けあい、時に激しく争いながら、ひたむきに生き抜く日常を活写。社会批判的な内容ゆえに打ち切られた同名ドラマをファンの要望に応えるべく映画化。独立プロの新しい時期の火ぶたを切った意義深い一本。

8月22日(水) 〜28日(火)

ドレイ工場

1968年(S43)/「ドレイ工場」製作・上映委員会/白黒/143分

『ドレイ工場』写真

■総監督:山本薩夫/監督・脚本:武田敦/脚本:小島義史/撮影:義江道夫、上村竜一/美術:久保一雄/音楽:関忠亮、多泉和人
■出演:宇野重吉、志村喬、河野秋武、花澤徳衛、杉村春子、前田吟、日色ともゑ

酷使され、疲労から事故をおこして死にいたる若者──。資本家のあくなき攻撃と生活苦に耐え抜き、労働者たちは組合を結成、工場解放を要求していく。実話にもとづく社会派ドラマで、宇野重吉、志村喬ら名優たちが顔を揃える。

8月26日(日) 〜9月1日(土)

若者はゆく −続若者たち−

1969年(S44)/俳優座映画放送/白黒/97分

『若者はゆく −続若者たち−』写真

©仕事

■監督:森川時久/脚本:山内久/撮影:宮島義勇/美術:山下宏/音楽:佐藤勝
■出演:田中邦衛、山本圭、橋本功、佐藤オリエ、松山省二、木村夏江、夏圭子、塚本信夫、石立鉄男、福田豊土、原田芳雄、江守徹

自主上映でのヒットを受けて製作された『若者たち』の続篇。激動する東京、五人兄弟もまた新しい問題にぶつかっていく。長女の職場の労働問題、三男の挫折。もがき苦しむ若者たちの姿がザ・ブロードサイド・フォーの主題歌とともに胸に迫る。

8月26日(日) 〜9月1日(土)

日本春歌考

1967年(S42)/創造社/カラー/103分

『日本春歌考』写真

©1967松竹株式会社

■監督・脚本:大島 /脚本:田村孟、佐々木守、田島敏男/撮影:高田昭/美術:戸田重昌/音楽:林光
■出演:荒木一郎、岩淵孝次、串田和美、佐藤博、小山明子、田島和子、伊丹一三、宮本信子、吉田日出子

大学受験のために上京した男子高校生たちが、試験場でみかけた美しい女生徒に対してセクシュアルな妄想を膨らませる──。大島 監督が添田知道の著作『日本春歌考』に着想を得て即興的手法で映像化、「性と政治」を扱った異色の青春映画。

8月29日(水) 〜9月4日(火)

劇映画 沖縄 
第一部「一坪たりともわたすまい」  第二部「怒りの島」

1970年(S45)/「沖縄」製作上映委員会/白黒/195分 ※16mm

『劇映画 沖縄』写真

■監督・脚本:武田敦/撮影:瀬川浩、上村竜一/美術:山崎正夫、小林正義/音楽:渡辺宙明
■出演:地井武男、佐々木愛、戸浦六宏、佐々木すみ江、加藤嘉、鶴丸睦彦、花澤徳衛、飯田蝶子、中村翫右衛門

沖縄返還闘争を扱った超大作。第一部ではアメリカに土地を奪われた農民たちの怒りと闘いが、第二部では教職員・軍労働者を主軸に全県民がストライキにたちあがる様がダイナミックに描かれる。地井武男が主人公青年に抜擢され熱演。

9月2日(日) 〜8日(土)

キューバの恋人

1969年(S44)/黒木プロダクション、キューバ国立映画芸術協会/白黒/101分

『キューバの恋人』写真

■監督・脚本:黒木和雄/脚本:長谷川四郎、阿部博久、加藤一郎/撮影:鈴木達夫/音楽:松村禎三
■出演:津川雅彦、ジュリー・プラセンシア、グロリア・リー、アルマンド・ウルバチ、フランシスコ・カスティセーノ

漁業指導員としてキューバに渡ったノンポリ青年が、女民兵との恋と別れを通して 革命と自身との距離を知る──。キューバ革命十周年記念の合作映画。カストロやゲバラの演説など歴史的映像がふんだんに盛りこまれた野心的なロードムービー。

9月2日(日) 〜8日(土)

若者の旗

1970年(S45)/俳優座映画放送/白黒/101分

『若者の旗』写真

©仕事

■監督:森川時久/脚本:山内久/撮影:宮島義勇/美術:山下宏/音楽:佐藤勝
■出演:田中邦衛、山本圭、橋本功、佐藤オリエ、松山省二、石立鉄男、井口恭子、山口果林、中谷一郎、高津住男、入江洋佑、森幹太

『若者たち』三部作の完結篇、舞台は七十年代に。結婚し独立した次男、昼間は出版社で働き、夜は夜間中学で教鞭をとる三男、自動車セールスマンとなった末弟。ますます激変していく社会のなかで、五人兄弟はそれぞれの道を求めようとする。

9月5日(水) 〜8日(土)

心に花の咲く日まで

1955年(S30)/文学座/白黒/109分

『心に花の咲く日まで』写真

©KADOKAWA 1955

■監督:佐分利信/原作・脚本:田中澄江/脚本:井手俊郎/撮影:藤井静/美術:松山崇
■出演:淡島千景、芥川比呂志、丹阿弥谷津子、杉村春子、長岡輝子、文野朋子、宮口精二、仲谷昇、三津田健

失業中の夫と、ミシン踏みで生活を支える妻。赤ん坊を抱えて家計は火の車だが、ささやかな楽しみと前向きな明るさで苦労を乗りこえていく──。田中澄江の戯曲『ほたるの歌』『赤いざくろ』をもとに佐分利信が監督した小市民映画の佳品。

/ / /